実はいろいろとある塾講師の仕事


塾講師の大まかな仕事の内容

テレビにも多く出るようになり、塾講師の仕事は多くの露出を受けるようになってきました。しかし、意外に内容は説明されることがありません。実際には仕事の内容は多岐にわたり、授業をおこなうことは、その中のひとつでしかないからです。

授業が仕事の中心となってくることは間違いありませんが、さまざまな仕事を積み重ねていった結果として、授業の内容も出来も変わってくることになります。毎日の積み重ねがなければうまくいかないともいえるでしょう。

塾講師としての仕事は、大きく分けて二つのかたちがあります。個別指導と集団指導です。この二つは、教えるという大きな部分では同じですが、いろいろな点で違いが出てきます。それも大きな違いを生むことになるため、十分にチェックしなければいけません。

理解度を測るという点でも違いが出てきますし、理解してもらえる授業をどうするのかといったところでも違いが生まれてきます。準備という面での違いも考えていくことになるでしょう。人数が違うだけではなく、準備は圧倒的に差が出てくるからです。

塾という環境から、必ずおこなっていかなければいけない仕事もあります。そのひとつが報告書になるでしょう。保護者が出資している以上、一定の報告をする必要があります。保護者のみならず、塾にもしなければいけないでしょう。面談をおこなうときにも、報告書からチェックをしていくことになるため、さまざまなかたちでの作成が求められます。他にも色々な仕事をしていくことになるため、塾講師の仕事に興味があるときには、参考にしてみてはいかがでしょうか。


≪塾講師の仕事を始めるための参考サイト≫
塾講師の仕事に興味がある方は、バイトを募集している塾を探してみてはいかがでしょうか?こちらの専門求人サイトを使えば、自分に合った塾講師のバイトを見つけることができます ⇒ 塾講師 バイト