実はいろいろとある塾講師の仕事


塾講師の授業

塾講師として、個人指導は大きな仕事のひとつです。いろいろとシステムがありますが、だいたい3名までを指導することになるでしょう。理解できるように指導していくことが重要で、講義にするのか、自習をしたものに対して答える方法をとるのか、形式が異なります。

個別指導は理解度を測りやすいのが特徴ですが、逆に生徒のできない点を見逃したりすることもできません。立場的にもかなり近い位置になることから、責任の重さも実感することになるでしょう。保護者に対する責任も同様です。

集団指導の場合、5名以上になるのが基本となります。時間はいろいろとありますが、1コマ60分から90分が一般的でしょう。これを超えても、集中力が続きません。理解度の測り方は質問や小テスト、難易度をあげた問題を宿題として出すといった方法があります。

複数が相手になるため、いかに理解されやすい授業にするのかを考えていく必要があるでしょう。全体を見ていかなければならないため、一人に対してのケアを手厚くしたことによって、全体が停滞してしまうようなことが出てこないようにする必要があります。この辺りのバランスを取ることが、大きな仕事になるでしょう。