実はいろいろとある塾講師の仕事


準備が塾講師の基本

授業の準備をしていくことは、内容をしっかりと定めるために重要な仕事になってくるでしょう。実際にかなりの時間を取られますし、長いスパンで見た時にも、流れを作るためにも必要になってきます。指導方法で準備にかかる手間が圧倒的に異なり、集団指導のほうが時間は必要です。

コマあたりで授業の流れと内容を考え、時間を配分していきます。どの知識をターゲットにするのかも、メリハリをつけるためにも重要になってきます。科目によっても当然違いが出ますが、だらだらとならないようにすることが必要で、理解度をどこで測るかも考えておかなければいけません。

立場によっても準備が異なってきますが、担任制の中で働くのであれば、年間の計画も立てておかなければいけないでしょう。この計画に沿った準備が必要になってきます。逆にスポットであれば、前回の内容はなにがおこなわれたのか、年間としての位置づけなどを加味しながら判断していくことが必要です。計画はあくまでも計画になってくるため、準備の段階で毎回修正をしていくことになります。内容もありますが、時間の修正も必要になるでしょう。

本当に理解できる内容になるのか、シミュレートする必要もあります。塾の中には、実際に指導形式のシミュレートを繰り返すところも多く、さまざまな角度から検討を進めていくことになるため、多くの時間を取られることになるでしょう。